消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのでまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

関連ページ