静音パーツって何?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

静音パーツって何?

静音パーツとは、PCの動作音を減少させるために用いられるパーツのことです。

特に自作のPCにとっては重要なパーツで、その組み合わせや種類によって動作音に大きな差が生じます。

具体的な作業としては、各種の冷却パーツに搭載されたファンや、HDDの動作音などをいかに減らすかが、静音パーツを用いる場合のポイントになります。

特に近年ではPCの高性能化に伴い、発熱量の増大、それを抑えるための冷却装置の動作音のアップが、静音パーツの市場を拡大させる要因になっています。

基本的な考え方としては、動作音が大きいパーツ(あるいは一部分)を突き止め、その音を抑えるために静音パーツを用いる、という手法が用いられます。

場合によっては、音源となるパーツそのものをより静かなパーツと取り替えるユーザーもいるようです。

静音化を進める主な対象としては、ファンのモーター回転音や風切り音、HDDの動作音などが挙げられます。

さらに、これらの機械的な動作部品から生じる振動により、PCから振動音が発声している場合については、この振動音も解消しなくてはなりません。

静音パーツを取り付ける際には、ケースや周辺のパーツとの干渉が問題になる場合があります。

PCの構造をよく理解したうえで、適切なパーツを適切な場所に取り付けるようにしてください。

一般的に動産音はパーツの性能に比例するといわれています。

動作音の小さい冷却パーツに取り替えた場合など、十分な放熱ができなくなる可能性もあるので注意が必要です。