おでこのニキビを治すには?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

おでこのニキビを治すには?

思春期ニキビができる代表的な場所でもあるおでこには、皮脂の分泌が活発な場所であるというだけでなく、前髪をたらした髪型をしていたりすると通気性が悪くなってニキビが出来やすくなるという悪循環も持った場所です。

もともと皮脂分泌が活発な場所を髪でかくしてしまうと、髪の汚れや整髪剤などの油分によって毛穴が詰まりやすくなりますし、前髪などをいじるクセを持っていたりすると、不潔な手で肌を刺激してしまうため、ニキビも悪化しやすくなってしまいます。

おでこのニキビを改善するためには、なんといってもおでこを全開にして通気性をよくする事。

そうするだけでもニキビが悪化しにくい環境を作ることができます。

また、おでこのニキビは皮脂分泌が過剰なために出ていることが多いので、ニキビケアの洗顔剤やローションなど、ニキビのためのスキンケアなどを活用して毛穴の中をキレイにお掃除しながらアクネ菌も殺菌する事が大切です。

おでこのニキビがひどく、ニキビケアをしてもよくならない場合には、皮膚科を受診してホルモンのバランスをコントロールする治療法もあります。

おでこのニキビの多くは思春期のホルモンバランスが崩れることが原因でできている場合が多いので、思春期が終わる20歳前後になると収まってくることも多いのですが、それまで待てない場合やニキビがひどい場合には、ホルモンバランスをコントロールしながらニキビを抑える方法もあります。