公社債投信とは?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

公社債投信とは?

公社債投信とは、聞いたことがあるでしょうか?まず、公社債というのは債権の全体のことを表しています。

債権は国や会社がお金を手に入れる時にお金を貸してくれた人に発行している借用証書です。

国が発行している物は国債と呼んでいて、一般の会社が発行している場合には社債と呼んでいます。

これらをすべて含めて公社債という名前で呼んでいるのです。

公社債投信はこうした公社債によって運営している投資信託のことをいいます。

運用の対象には株は含まれていないのが特徴です。

債権はその発行している会社が破たんしない限り、満期になることで元本が戻る仕組みですから、とても安全で確実にお金の運用ができるといってもいいでしょう。

債権だけで運用している公社債投信も同じで、株式への投資信託と比べるとかなり安全性が高いのが特徴です。

しかし大きな利益を上げることはないのも特徴です。

しかし投資信託の場合には多くの投資家がお金を出資していますから、大量の解約が出た時には、投資信託が保有している債権を途中でも売らなければいけません。

債権が安全で確実なのは満期を待った場合のみで、途中で売ってしまえば値段は、その時の時価で決まりますから、損をすることもあるでしょう。

運用に組み入れられている債権の発行体がもし破たんすれば、公社債投信の資産も減るという特徴があります。

公社債投信は安全性は高いのですが、元本保証が必ずされているとは限らないので注意しましょう。